コドミンの安全性や副作用の考察

コドミンは安全性や副作用について確認しよう。 コドミンは安全性や副作用|要注意は大豆アレルギー。

GMP認定工場製造のコドミンは安全性◎適量で副作用の心配無し

 

ADHD(注意欠如多動性障害)の
症状である
落ち着きの無さや集団行動の不得手、


物忘れの多さなどの
お子様の気になる状態を改善してくれる
サプリメントとして
『コドミン』が注目されています。


お子様の状況が改善するならば
是非試してみたいと
思う親御さんは多いと思いますが、
気になるのはコドミンの安全性です。


お子様は食品に影響されやすいですし、
副作用も出ないか心配ですよね。


果たしてコドミンは親御さんが安心して
お子様に飲ませても良い
サプリメントなのでしょうか?


【国内のGMP認定工場で製造!お子様に安全をお届け】


コドミンはGMPの認定を受けた
国内の工場で医薬品と同じように
しっかりと品質を管理し製造されています。


コドミンはお子様が飲む事を前提に
作られているので
安全性にはかなり力を入れているようです。


【コドミンを飲んで副作用の危険性はあるの?】


例え優良な工場で作られていても、
副作用の心配があれば
購入するのにも戸惑っちゃいますよね。


ADHDの改善に効果があると言われている
PS(ホスファチジルセリン)が
コドミンの有効成分なのですが
この成分は過剰摂取しなければ
副作用の心配は無いとされています。


コドミン1粒に
PSは100mg含まれており、
1日の用量は1~2粒です。


最初の1ヵ月程度は3粒でも構いませんが、
一度に多く摂取するのではなく
継続的に飲み続ける事で
お子様の症状の改善に繋がっていきます。


用量を守れば副作用の心配はありませんが、
この成分は大豆由来ですので、
大豆アレルギーをお持ちの方は
服用前に医師に相談して下さいね。


安全性を意識して作られたコドミンで、
是非お子様とご家族の
笑顔あふれる日常を手に入れて下さい♪

 

>>大豆アレルギーならば注意!

>>『コドミン』の詳細を見てみる

 

 

症状別に指導してくれる特別支援教育と家族の協力でお子様をケア

 

平成19年4月に特殊教育は
特別支援教育として生まれ変わりました。


それまでの対象だった
視覚・聴覚・知的障害や
肢体不自由等の障害に加え、


自閉症アスペルガー症候群
LD(学習障害)、
ADHD(注意欠如多動性障害)等の
発達障害のお子様も
特別支援教育の対象となりました。


今回は新たに対象となった
ADHDのお子様と
特別支援教育について調べてみました。


【少人数だからできる子供たちへのケア】


ADHDの子供は
迷惑行為をしてしまう事が多く
失敗や叱責される事が増えてしまいます。


集団で過ごす通常学級で
このような事を繰り返してしまうと
本人にストレスが蓄積されてしまいます。


約40人の生徒がいる通常学級と違い、
特別支援教育では
標準で8人の学級編成となります。


大人数の中で皆同じ事を学ぶ教室と違い、
特別支援教育では
子供たち1人1人の症状に合わせて
きめ細やかな指導を受ける事が出来ます。


更に特別支援教育
全て完結するのではなく、
通常の教室と行き来する
共同学習も行われています。


しかしADHDだとしても
我が子を特別支援教育に行かせたくない、
と思う親御さんもいると思います。


ですが、その子に合った指導を受けられ
良い所を引き延ばしてくれる特別支援教育
お子様のこれからの生活において
大切なプロセスになると思いませんか?


そして怖いのは、何も対策をしないと
二次障害がおこるリスクもある
ということです。


二次障害としては、
ひきこもりや、対人恐怖症などが
いわれています。


家族だけで
ADHDと向き合うのは困難です。


個々を尊重する特別支援教育と協力し
お子様を支えていってあげてください。

 

>>二次障害のリスクも心配!

>>『コドミン』の詳細を見てみる

 

 

ADHDの症状は大きく分けて3種類!家族がするべき行動は?

 

ADHD(注意欠如多動性障害)の
症状は以下の3点です。


①不注意:
集中力が無くぼんやりしており、
忘れ物も多い


②多動性:
落ち着きが無く
じっとしていられない、
騒いでしまう


③衝動性:
考えずに行動に移してしまい、
他者に手を出してしまう事も


どれか1つの症状が出る子もいれば
複数の症状が組み合わさって
現れる子もいます。


このような症状が7歳以前に出始め、
6ヶ月以上継続するなら
ADHDである可能性が高いです。


多動性や衝動性は
ADHDだと分かりやすい症状ですが、


不注意型は
ただおっとりしているだけだろうと
気付かずに見過ごされやすい
傾向にあります。


ADHDの我が子の為に出来る3つの事】


ADHDのお子様は、
 段々に周囲との違いに気付き
 出来ないのは自分だけだと
 コンプレックスを抱いてしまいます。

 お子様の自信を無くさせない為に、
 褒める習慣をつけましょう。


②何か指示する時は一気に言わず、
 1つずつ端的に言いましょう。


③注意する時は感情的にならず
 穏やかに話しかけましょう。


ADHDかもしれないと気付くまで、
自分達の躾のせいだと
自らを責めていた方もいたと思います。


環境や接し方で
症状の強弱は出るようですが、
躾が全ての原因ではありません。


通院や薬、接し方1つで
ADHDの症状は緩和する事が可能です。


ご家族も大変だとは思いますが、
一番苦しんでいるのはお子様自身です。


ご家族のサポートでお子様の日常を
快適なものへと導いて上げて下さい。

 

>>不注意型は見逃しやすい!

>>『コドミン』の詳細を見てみる

 

 

子供の成長の悩みは発達相談センターへ【家族の心の負担を軽減】

 

お子様の成長で
何か不安に思っている事はありませんか?


その事を相談できる、
知識のある方が近くにいますか?


成長の速さは
お子様それぞれで違ってきますが、
周囲の子達と比べてしまい


もしかしたら
我が子は発達障害かもしれないと
心配になってしまう
親御さんもいらっしゃると思います。


もし少しでも成長に関する不安や
子育ての悩みがある場合は
地域の発達相談センターを
利用するのが最善です。


【発達相談センターは不安を抱えるご家族の味方です】


発達相談センターは
子供の成長の遅れについて悩んでいたり
どう子供と接して良いのか
分からなくて困っている親御さんの
駆け込み寺のような存在です。


発達相談センターは地域毎に存在し
対象とする年齢層も
その発達相談センターによって異なります。


大人の発達障害を扱っている所も
一部ではありますが
主に就学前のお子様を対象にしている所が
多いようです。


成長に不安があるからと言って
病院に行くのに抵抗がある方でも
発達相談センターならば
気軽に悩みを相談する事が可能です。


来所しての相談は事前に予約が必要ですが、
受付時間内でしたら
電話での相談も行っている所が多いです。


お子様の状態によって
個別に訓練や指導を行ったり、
医療機関の紹介、子育てのアドバイスなどを
適切に行ってくれます。


お子様の症状を早めに判断するため、
少しでも御家族の負担を無くすためにも


専門の知識を持つスタッフのいる
発達相談センターを利用してみて下さい。

 

>>発達相談センターでもアドバイスはもらえる

>>『コドミン』の詳細を見てみる

 

 

コドミンは何歳から適応?病院・薬嫌いでも飲める美味しいラムネ味♪

 

周りの子達と比べてみて、
お子様の挙動で気になる点はありませんか?


例えば落ち着きなく動き回ったり、
周りに迷惑をかけてしまい
集団行動が上手く出来なかったり、
やたらと忘れ物が多かったり…。


これらの行動は
ADHD(注意欠如多動性障害)の
特徴なんです。


ADHDだとしたら
病院に行かなければいけないのかしら…。


病院に行くのも薬を飲むのも
嫌がるからどうしよう…。


このような不安を抱える親御さんも
多いと思います。


そんな方達におすすめなのが
ADHDの症状の改善に
効果が期待できる『コドミン』なのです。


【集団行動開始時期がコドミンの開始時期!】


コドミンが
ADHDの症状に効果があると言っても、
何歳から飲んで良いのか気になりますよね。


落ち着きの無さや
周囲の子供達との違いが気になりだすのは
幼稚園や小学校等の
集団行動が始まる頃が多いんです。


なので、飲み始めるタイミングは
このような症状が見られるようになる
3歳頃からが良いようです。


【コドミンは噛んで摂取!簡単にPSを補給♪】


症状が顕著になった時が
飲むべきタイミング、


というのは分かりますが、
小さなお子様が
サプリメントなんて飲めるの?
と疑問に思う親御さんもいると思います。


6㎜以上の錠剤は
5歳未満のお子様は適応外で、
コドミンは約1cm程の大きさです。


じゃぁ、3歳から飲めないという事?
そうでは無いんです!


コドミンは噛んで摂取する
タイプのサプリメントなので
小さいお子様でも大丈夫。


しかもラムネ味なので
薬嫌いでも美味しく食べてもらえます。
子どもから見れば、おやつのお菓子です。


ADHDに効果が高いと言われている
ホスファチジルセリン(PS)を
100mgも詰め込んだコドミンで
お子様の気になる症状を
改善してみませんか?

 

>>薬嫌いでも美味しく食べられる!

>>『コドミン』の詳細を見てみる