コドミンの安全性や副作用の考察

コドミンは安全性や副作用について確認しよう。 コドミンは安全性や副作用|要注意は大豆アレルギー。

コドミンは何歳から適応?病院・薬嫌いでも飲める美味しいラムネ味♪

f:id:kodomin63:20170907173239j:plain

 

周りの子達と比べてみて、
お子様の挙動で気になる点はありませんか?


例えば落ち着きなく動き回ったり、
周りに迷惑をかけてしまい
集団行動が上手く出来なかったり、
やたらと忘れ物が多かったり…。


これらの行動は
ADHD(注意欠如多動性障害)の
特徴なんです。


ADHDだとしたら
病院に行かなければいけないのかしら…。


病院に行くのも薬を飲むのも
嫌がるからどうしよう…。


このような不安を抱える親御さんも
多いと思います。


そんな方達におすすめなのが
ADHDの症状の改善に
効果が期待できる『コドミン』なのです。


【集団行動開始時期がコドミンの開始時期!】


コドミンが
ADHDの症状に効果があると言っても、
何歳から飲んで良いのか気になりますよね。


落ち着きの無さや
周囲の子供達との違いが気になりだすのは
幼稚園や小学校等の
集団行動が始まる頃が多いんです。


なので、飲み始めるタイミングは
このような症状が見られるようになる
3歳頃からが良いようです。


【コドミンは噛んで摂取!簡単にPSを補給♪】


症状が顕著になった時が
飲むべきタイミング、


というのは分かりますが、
小さなお子様が
サプリメントなんて飲めるの?
と疑問に思う親御さんもいると思います。


6㎜以上の錠剤は
5歳未満のお子様は適応外で、
コドミンは約1cm程の大きさです。


じゃぁ、3歳から飲めないという事?
そうでは無いんです!


コドミンは噛んで摂取する
タイプのサプリメントなので
小さいお子様でも大丈夫。


しかもラムネ味なので
薬嫌いでも美味しく食べてもらえます。
子どもから見れば、おやつのお菓子です。


ADHDに効果が高いと言われている
ホスファチジルセリン(PS)を
100mgも詰め込んだコドミンで
お子様の気になる症状を
改善してみませんか?

 

>>薬嫌いでも美味しく食べられる!

>>『コドミン』の詳細を見てみる