コドミンの安全性や副作用の考察

コドミンは安全性や副作用について確認しよう。 コドミンは安全性や副作用|要注意は大豆アレルギー。

症状別に指導してくれる特別支援教育と家族の協力でお子様をケア

f:id:kodomin63:20170907173308j:plain

 

平成19年4月に特殊教育は
特別支援教育として生まれ変わりました。


それまでの対象だった
視覚・聴覚・知的障害や
肢体不自由等の障害に加え、


自閉症アスペルガー症候群
LD(学習障害)、
ADHD(注意欠如多動性障害)等の
発達障害のお子様も
特別支援教育の対象となりました。


今回は新たに対象となった
ADHDのお子様と
特別支援教育について調べてみました。


【少人数だからできる子供たちへのケア】


ADHDの子供は
迷惑行為をしてしまう事が多く
失敗や叱責される事が増えてしまいます。


集団で過ごす通常学級で
このような事を繰り返してしまうと
本人にストレスが蓄積されてしまいます。


約40人の生徒がいる通常学級と違い、
特別支援教育では
標準で8人の学級編成となります。


大人数の中で皆同じ事を学ぶ教室と違い、
特別支援教育では
子供たち1人1人の症状に合わせて
きめ細やかな指導を受ける事が出来ます。


更に特別支援教育
全て完結するのではなく、
通常の教室と行き来する
共同学習も行われています。


しかしADHDだとしても
我が子を特別支援教育に行かせたくない、
と思う親御さんもいると思います。


ですが、その子に合った指導を受けられ
良い所を引き延ばしてくれる特別支援教育
お子様のこれからの生活において
大切なプロセスになると思いませんか?


そして怖いのは、何も対策をしないと
二次障害がおこるリスクもある
ということです。


二次障害としては、
ひきこもりや、対人恐怖症などが
いわれています。


家族だけで
ADHDと向き合うのは困難です。


個々を尊重する特別支援教育と協力し
お子様を支えていってあげてください。

 

>>二次障害のリスクも心配!

>>『コドミン』の詳細を見てみる